夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

虚構ユニゾン:アキハルノビタ (感想)

虚構ユニゾン (ムーグコミックス BFシリーズ)

【単行本版】虚構ユニゾン

【単行本版】虚構ユニゾン

《あらすじ》

旧上流階級の貴族である一乗寺春野は失踪した兄を探し貧困層の情報屋・響の元へ依頼に訪れた。
「生きている保証はねぇよ?」
冷たく突き放されても優秀な情報屋と共に兄の存在を信じ、探し続ける。

「大好きな『お兄様』のためでしょう?」
その身を捧げてきた春野を縛っていた者は誰なのか。

「アンタが逃げたいってんなら手ぇ貸すぜ?」
響の優しさに除々に絆され…そして――

 世界観が良い

  作り上げられた世界観がとても楽しかったです。読後の感覚としては、ちょっとラノベちっくな感じなのかな?表現は違うかもしれませんが、普通のBLとは少し違う感覚を受けました。

 そんな作りこまれた世界観の中で、純愛ともとれる恋をしていきます。受けの全てを包み込むような攻めの愛がたまりませんでした。

 本自体も分厚くて、とても読みごたえがあります。

 

【ここからネタバレ注意】

攻:響・裏社会の情報屋

受:春野・一乗家当主

 

:兄を

 NEOとは人間のハイブリットのような形で、身体は人間だけれど頭は動物という見た目をしている人種です。”人間”よりも優位に立っている存在という設定になっています。

 このNEO、目に光がないのでちょっと怖いんです...

 そういう世界の裏社会で情報屋を営んでいた響の前に現れたのが、一乗家当主の春野でした。依頼内容は、「5年前に失踪した兄を探して」というもの。

 なんだかお貴族様の怪しい臭いがぷんぷんするお話でした。

 そして、この2人とは別に出てくるのが義賊であるノア。この正体もすぐに明らかになるのですが、春野の背負うものの多さにびっくりしてしまいます。

 そんな春野ですが、一族の中ではあまり良い立場ではないようです。表向きは当主だけれど、その実はNEOに身体を明け渡して一族を存続させています。

 表では接点のないような2人が、少し裏に目を向けると繋がっている。こういうのって良いですよね。

 

:ノアとして

 響の前では決して自分がノアだとは明かさない春野。でも、ノアとして響と一緒に調査に乗り出します。自分で動かないと気が済まないちょっとじゃじゃ馬な春野でした。

 この関係だけみると、2人は兄弟みたいなんです。身体を使って人を落とそうとする春野の、自分を大切にしない行動を優しくたしなめたり...頭を撫でたり...

 あと、春野として現れたりノアとして現れたり、なかなか忙しいなあと思ってしまいました。

 そしてついに春野の兄の情報をつかんだかに思えた2人。響はそれとは別に、春野のNEOとの行為についても知ってしまいます。そこから逃げ出す手助けも提案されますが、春野は拒んでしまいます。どこか諦めているところが切ないですね。

 ここら辺から徐々に2人の距離が縮まっていきます...春野が時たま見せる可愛い表情とか、愛され慣れていないところとか。たまらなく愛しいです。

 

:揺らぐ心

 兄さまに出会えると思って向かった先、そこにいたのは別の人。

 その人物から春野は、一乗家の過去と兄のこと、己の今の境遇について知ることになります。えげつないけれど、貴族としてはありそうだな~と思いました。

 でもこの話を知ると、春野は実の母親からNEOとの行為をさせれていたのか...と驚いてしまいます。てっきり継母だと思っていました。

 全てを知った春野は、そこから先の真実へたどり着くことを恐れてしまいます。この時の春野のセリフは、胸を打つものがありました。とても激しい気持ちが吐露されています。

 ”愛してほしい”がにじみ出ていた春野を、なだめるように慰めるように「愛してやる」と声をかける響。ずっとこのまま春野は愛されればいいと、思わずにはいられません。

 でもそれで終わらないんですよね~まだこんなに残りページがある!!とどきどきしました。

 

:ただの春野

 ずっと幸せになるかと思ったのも束の間、兄さまの現状について知ることとなった春野。ここ、かなり確信に迫るところなので、ぜひ読んでいただきたいのですが、人間とは恐ろしいなと思いました。

 母親も被害者で、失踪した兄も被害者。けれど彼らがした春野への仕打ちは、ひどい物。春野以外は救われないなあと思う。貴族というものを見た気がします。

 兄の事を知り、響のもとを離れた春野ですが、ここは響が迎えに行きます。

 一乗家の春野として生きるか、春野として生きるか、という響からの問いの答えはもちろん後者。

 愛に飢えている春野を包み込むように、けれど甘やかすのではない響の行動は春野へしっかりと伝わっていました。

 

+α

 物語として楽しく、壮大な設定がつぶれることなく進んでいきます。

 描きおろしがなかったのが悔やまれますね...本編は甘さが足りなくて...もう少し、春野が愛されて幸せになっているところが読みたかった...

 ただ物語の最後、なんだかんだ尻に敷かれている響と、不器用ながらも甘えている春野が見られて満足しています。

 

最後に

分厚く、読み応えのあった今作。恋に重点を置いたBLというよりは、物語を通して恋を感じるBLでした。

ファンタジーなところが、より楽しさを引き立ててくれます。

わくわくと心くすぐられる設定のBL。ぜひ読んでみてください。

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえたら励みになります!

いちか、ばちか:しっけ (感想)

いちか、ばちか (B's-LOVEY COMICS)

《あらすじ》

 丘、マオ、門井、蓮元は工業高校に通う悪友。ある日、門井から蓮元とつきあっていると告白され、偶然二人がエッチしている声も聞いてしまった丘とマオ。それ以来、男同士のエッチに興味を持ったマオが丘に迫ってくるように。しかし丘は別の理由でマオを意識し始めていて……。

 男子高校生

 あ~これぞ男子高校生だよな~、なんて読後に思いました。その場のノリで生きている感じ。若干のおバカ臭が楽しかったです。

 なんとなく”男子〇校生の〇常”を思い出しました。とはいってもギャグではないです。

 あと絵が綺麗ですね。無駄な線がなく、とても見やすかったです。

 

【ここからネタバレ注意】

攻:澤田真緒(マオ)

受:丘俊介

友人1:門井慎太

友人2:蓮元奏

 

:動揺

 物語のきっかけは、友人である門井と蓮元が付き合っているということをカミングアウトされたから。

 この展開、とても仲が良い4人組なんだな~と思いました。

 4人でいられることの可能性を考えてカミングアウトした2人と、普通のこととして受け止めたマオと丘。

 カミングアウトするほうもされるほうも、結構しんどいことではありますよね。

 信頼関係が見てとれます。

 

:聞こえた音

 マオと丘は高校の違う科に所属しています。科ごとに別の寮生活をしていますが、マオの部屋に丘が入り浸っている現状。

 ひょんなことから、丘の部屋へ遊びに来たマオ。そこで隣人の致している喘ぎ声を聞いてしまいます。その声というのが、門井と蓮元の致している声なんですが...

 これを聞いたときの、マオと丘の会話がバカっぽくて面白かったです。そういう発想になるの?!っていう。

 そして喘ぎ声を聞いたことを当事者たちに言っちゃうっていうまさかの展開に。これも驚きました。まあ彼らの仲だからできたことなのかもしれませんが。

 この件でマオは自己嫌悪に陥り、どこか不安定になってしまいます。バカっぽくみえて結構繊細な男でした。

 

:いつもどおりに

 マオの自己嫌悪の件は、丘のおかげで無事解決。

 けれど一難去ったかと思えば、また一難。

 マオが行為そのものに興味をもち、丘と試してみようと行動をし始めます。

 この2人、どこからお互いのことが好きだったんだろう...と気にならざるを得ません。そういう描写は少なかったので...きっと物語が始まる前彼らの生活に、何かあったのだろうなあと思っています。

 あと抜きあいっこしているときの丘の顔がとても可愛いです。

 しかし気持ちが伴わないし、お互いの想いを確認しあっていないときの行為だったので、すれ違ってしまいます。

 

:めっちゃ両想い

 丘の喘ぎ声を聞くために、マオはノリノリでいろいろと行動していますが、丘はどこか一歩引いてしまい逃げてしまいます。

 けれどバカっぽいけれど完全にバカではないマオなので、しっかりと追いかけて丘を捕まえに行きます。

 丘はずっとマオのことが好きだったのね~っていう描写があり。もだもだした気持ちになりました。そのことについて確信を持っているマオもなかなかの性格。

 確かにずっと一緒にいたら、その心地よい関係を崩したくないと思うのもわかります。

 最後はめちゃくちゃらぶらぶでした。こういう感じ良いですね...お互いに頑張ろうという姿勢が、気持ちが同じ方向に向いているので大好きです。

 

+α

冒頭で出てきた友人である門井と蓮元。この2人は結構物語に関わっています。

2人の仲を良い感じに取り持ってくれたりしています。やはり仲が良い4人組なんだな~とほのぼのしました。

そして気になるのが、門井と蓮元の恋人関係。

こちら描きおろしで2人の行為描写があります。ほんと個人的にはとても萌えるカップルでした。この2人の話も読みたい...

 

最後に

男子高校生のノリと楽しい日常に、恋というスパイスが投下された今作。

とても楽しく、そして萌える作品でした。さらっと楽しみたい方におすすめです。

表題作以外にも、短編が1話収録されています。そちらは再会もののBLなので、こちらもぜひ読んでみてください! 

 

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえたら励みになります!

【2019-6月購入履歴】+プチ感想

 

f:id:Gin2rou:20190703130631p:plain

【2019-6月購入履歴】

その月に購入したBL本の備忘録。

紙本については入れ替わりが激しいので、どれを買ったことがあるのかメモのためにも記録していきます。

感想書いたらタイトルから記事に飛べるようにしようと検討中ですが、全て書けるかどうかは謎です。

※文字リンクは感想記事に飛びます。

 

●:紙本購入

●:電子本購入

 

ーーーーーーー

むせび鳴け、純情:松基羊

 まさに純情でした!設定も面白くて、もっと深くその世界観を知りたいな~と思ったり...えろかと思えば、ほんと純情なので読んでほしいです。

 スピンオフにも期待。

むせび鳴け、純情

むせび鳴け、純情

嫌いでいさせて:ひじき

 良かったです。しずくがとてもかわいい。もっと幸せな3人が読みたいので、続編に期待しています。

 リバイバルブルー:itz

 美少年...絵が美しいんですよね...そして思春期の恋ですわ。なんだかまぶしくて切なくて。これだけで完結でも良いと思うくらいに心に響きました。

リバイバルブルー2:itz

 やはり2巻あってこそでした。完結して良かった。まさかのそっち?!という予想していた受け攻めが逆だったのは驚きです。

とろけるタマゴとベッドの中で:ミブヨシカズ

 正直、見た目は好みではないです。ただ、扱われている題材が気になって読んでみました。結構深いところに切り込んでいるBLだと思います。

キライ、キライ。キライ?:犬神スケキヨ

 試し読みが面白かったので、読んでみたらまさかの短編集でした。

 読むと表題作よりも同時収録がお気に入りに。やはりシャルルさんのマニアックな題材のアンソロジーは良いですね。大好きです。

アルファ戦隊アルレンンジャー:蛭塚タウン

 これは絶対に深く考えて読んではいけないやつです。振り切れ具合が潔くて面白かったですね。なにも考えたくないときにおすすめです。

ボナペティ!:月村奎(小説)

 不憫受けの溺愛が最高です。包まれるような愛と幸せを感じたいときにぜひ。

星の丘プレミアムマンション203号室:会川フゥ

 ポイントは攻めのギャップです。これは読んでいただきたい。

黄昏アウトフォーカス:じゃのめ

 こっそりと映像記録を観ている気持ちになります。空気感が独特で繊細。

 なんだか青春を取り戻したくなるお話です。

いちか、ばちか:しっけ

 とにかく絵が可愛くて、読みやすかったです。話としてはほのぼの系。こちらも脇キャラたちの恋模様が気になる物語でした。

#BLごっこ:乾ニクヤ

 読んでいて楽しかったです。ごっこがガチ勢に代わるお話。2CPの物語が収録されています。

嘘つきのアトリエ:衿先はとじ

 電子単話のときから注目していました。やはり完結まで読んで正解でしたね。もだもだなすれ違い具合がたまりません!一筋縄ではいかない恋を読みたいときにおすすめです。

Ω事件簿 この子オレが産みました:小箱あき

 こちらも電子単話から購入を決めていた作品。いや~やはり赤ちゃんがいる作品はたまらなく可愛いですね。オメガバース最高。もっと子持ちオメガバースが増えてほしい...

神様はちょっとだけいじわる:稔ねんこ

 流され受けのなにもわかってなさが魅力かなと思いました。なんだかふわふわとした心地のまま話は進み終わります。ハッピーエンド。

 月影楼で逢いましょう:恋煩シビト

 不思議な雰囲気のお話でした。雰囲気は不思議なんですが、内容は純愛。とってもまっすぐなオメガバースでした。遊郭ものなので、受けがほかの人と致している描写が結構あります。その点は注意が必要です。

熟れおじBL-受-:アンソロジー

 おじ受の破壊力

熟れおじBL-攻&おじ同士-:アンソロジー

 個人的にはこちらの方が好きなんです...

 となりに:basso

 basso先生の久々のBL。おじさまが最高ですね。なんとも言えないひょろっとした風貌のおじさま描写が本当にうまい。やさしいお話なのでぜひ読んでいただきたい。

 からすの課長さまっ!:チドリアシ

 まさか鳥とは。驚きの作品。鳥です。鳥。致しているときも鳥でした。

 困惑してしまいますが、可愛いお話です。

  君には届かない。:みか

 発売して2日後にいったら売り切れで捜し歩きました。これからが楽しみな作品ですね。可愛くてもう空気が甘いです。

 ブルースカイコンプレックス(4):市川けい

  ドラマCD化するということで視聴を聞いたら本編が気になってしまいして...

 すっかり恋人なところに間男がくる話大好きなんですよ...

 好物は真夜中のうちに腹のなか:蔓沢つた子

 シリーズ集めているので購入。致している時の効果音がすきなんですよね~書き文字の。あと攻めが透けてる描写も好きです。

 

最後に

 6月がアニメイトブックフェアがあったので、紙本購入が多かったですね。

結局総計、紙本は18冊紙で購入しまして(非BLを含む)6P景品の小冊子は三種類ゲットしました。ほくほくです。

3回に分けてアニメイトへ行ったうちの、一回目の購入品は別記事で紹介しているのでよかったら読んでみてください。

gin2rou-f.hateblo.jp

紙本が多かったので電子は控えめ。7月は電子が多くなりそうな予感です。

今月もたくさん読めたら良いな~~~!!! 

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえたら励みになります!

熟れおじBL -受- :アンソロジー (感想)

熟れおじBL -受- (Charles Comics)

f:id:Gin2rou:20190625231334p:plain

《あらすじ》

平均年齢45歳、遅咲きの性が開花する──

年上彼氏の癒されエッチ
可愛い人をトロトロにしたい♡

カバーイラスト

にやま

コミック
渦井・鬼嶋兵伍・雲井ナツメ・にやま・練馬zim・春山モト・yoshi・由元千子

ノベル
阿賀直己

コラム
itz

熟れ度増し増し 

受けてるおじさまを見ていると、腰とか大丈夫かな...皮膚とか裂けちゃわないかな...って謎に心配してしまいます。
若くないから回復力も低いでしょうし...そっち方面で心配してしまいますね。

どういう目線なんだという...

個人的に気になったのは、小説と漫画で描かれていた作品。再びのタッグで嬉しいです。

 

【ここからネタバレ注意】

※敬称略・掲載順

登場人物紹介とプチ感想。とくにお気に入りは少し詳しく感想書きます。

 

Come Over:にやま

玲×古賀正一(45)

前回の熟れおじBLで出てきた2人です。とにかくおじさまがキュート。年下攻めのために健気に頑張ります。

 

なやましい男:由元千子

五十君×同崎

嫉妬のお話

 

抱きしめないで、側にいて:雲井ナツメ

瀬尾×小宮

生徒と先生の関係が、先生と先生の関係へ変化して、それからのお話

 

ブリュッセルの恋人:渦井

高梨×松田

観光案内からの~

 

ヤンキーくんとマシュマロパパ:鬼嶋兵伍

園尾流星×雪方

とにかくマシュマロなので...ほんとうにふわふわなパパ。陥没乳首。

 

ないしょの準備室:春山モト

加賀(生徒)×嶋(先生)

先生の豹変っぷりがすごい。それでいて受け。一瞬、あれ?攻め?ってなります。

 

その道の名前は茨・茨の道:yoshi・阿賀直己

斗真(甥)×修(叔父)

血は繋がっていないけれど親戚な2人。

少し子供っぽいおじさんは、無邪気で可愛い。そんな彼に惹かれている斗真。そして斗真に翻弄されている受け。

これからが楽しみな2人でした。ぜひとも続きが読みたい...

漫画は攻め視点で、小説が受け視点で書かれています。

 

可愛くてしょうがないくせに:練馬zim

森永×梶

女にもてる攻めは、それがつらくて仕方がない。社内で”自分はゲイだ、彼氏もいる”とカミングアウトしたい。

そう受けに相談します。でもそれを受けは拒否。彼はゲイであることを恥ずかしいと思っていて、ずっとひた隠しにしてきました。

このときの受けの突き放し具合が寂しかったのですが...

やはりそこは好き合っている2人。きちんと仲直りできます。この2人7年も付き合ってるなんて!!!もっと甘いときの話も読みたいな~と思いました。

好きなポイントは、受けが攻めの刈り上げが好きなところですね。

 

+α

コラムは1つだけ...ちょっと寂しかったですが、itz先生とおじさまの親和性を再確認しました。先生の描かれる眼の下の皺が、たまらなく好きなんですよね...

 

最後に

もともとはもう一冊の熟れおじBLが目当てだったのですが、どうせならもう一冊も...とこちらを手にしてみました。

やはり、2冊読んでこその魅力があると思います。自分はおじBLに関してどういった傾向が好きなのか...確認することができました。

もっと読みたい!という話も多かったので、また続刊がでないかな~と期待しています。

なんでも許せる人ならぜひ、お手に取って読んでみてください。

 

熟れおじBL-攻め&おじ同士ーの感想はこちら↓

gin2rou-f.hateblo.jp

 

前回の熟れおじBL感想はこちら↓

gin2rou-f.hateblo.jp

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえたら励みになります!