夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

86万円の初恋:ロッキー (感想)

86万円の初恋 (Charles Comics)

《あらすじ》

家におかしな人間が住み着いた。
派手で、長髪で、コーヒーを淹れるのがうまい、美しい男。
自由奔放な美人×地味で寡黙(かもく)な童貞メガネ

こんな甘ったるいのは経験したことがない。
俺は童貞なんだと告白しなければならない日がきそうで嫌だ。

地元の図書館で司書をしている喜屋武(きやたけ)は、まるで当たり屋のように家に押しかけて来た佐藤(さとう)という男と同居することになってしまう。
強引でマイペースな佐藤に振り回されるうち、気づけばあらゆることを許す関係になっていて―ー

 二人のペースで

 表紙の美しさにうっとりと...ロッキー先生の絵が大好きでして...耽美な雰囲気がたまりません。そんな耽美な絵柄で描かれる人物がかもし出す雰囲気は、しっとりと美しいもの。それだけでも楽しめます。

 物語も、甘くてたまらないというわけではなく、ふわっと口当たりの良い粉砂糖のような味わいです。

 

【ここからネタバレ注意】

攻め:佐藤(表紙右)アパレル系?勤務

受け:マリ(表紙左)図書館司書

 

:同居

BLには、ボロボロの人が落ちてたから拾って家まで連れてきた...なんて始まりがよくありますが、こちらは勝手におしかけてきます。

きっかけはマリが佐藤のコートに珈琲をぶっかけたことから。

”嵐のように当たり屋のように”86万円分のコートはお金ではない別の形で返してもらう!と家にやってきて一緒に同居するようになります。

これを受け入れてしまうマリの性格は、よくもわるくも無関心?でも冷酷な人というわけではないんですよね。

嵐のような佐藤を受け入れてしまうマリがちょっとよくわからないです。

そして佐藤の美しさ。女性のような格好を個性と表現する彼ですが、別に女性になりたいとかいうわけではないです。長髪攻めが大好きなので興奮しますね。

 

:距離感が

性質は違う2人ですが、案外うまくやっていっているよう。全く知らない他人が家にやってきて、ストレスなく過ごせてるってほんとすごいよなあと思います。

そんな2人の生活ですが、どんどんと距離感がおかしくなっていきます。

いってきますのチューを許すくらいには。もちろんきっかけは佐藤からなんですが、これを受け入れてしまうマリにも驚きです。おいおい...

同衾を拒否していたマリがこれを受け入れてしまったのはびっくりしましたが、あとあと納得します。

距離は友人としては近いけれど、恋人というにはあまりに淡白な...不思議で不安定な関係性の2人。個人的に大好物の”関係性に名前をつけない”2人です。

 

:第3の人物

そういう関係に疑問を持ち始めたの佐藤のよう...?常にぐるぐると自分とマリの関係について悩んでいるようです。

そんな中、マリの唯一といってもいい友人と出会うことになります。

この友人というのがかなり歳の離れた男の人なんです。彼の前ではくだけた感じのマリをみて、もやもやとしていく佐藤。

彼の登場があったからか、ついに一線を越えていきます。ここでも全てを受け入れていくマリ。流され体質とはいっても、どうなの?!と思ってしまいますが...

このあたりのマリ視点も読んでみたかったな~と思います。佐藤がぐるぐると悩んでいる後ろでマリはどんなことを考えていたんでしょう...

 

:2人の形

どうしても友人のことが気になって仕方ない佐藤は、彼と1対1で話すことに...なかなかすごい行動力...でも彼はそういう感じの人ですね。

対話をして、友人とマリの関係性を聞いた時、佐藤はそれを受け止め、自分達の関係性へと当てはめて考えていきます。

ここらへんは切なかったですね。マリと友人は想像もつかない関係性でした。

結局は友人に嫉妬をしていた佐藤。それをマリへと伝えます。すると返ってきたのは嫉妬してもらえて嬉しいという答え。

なんだよも~可愛いじゃん~と萌えました。全ての流されは、最終的にマリは佐藤のことが好きだったからできた行動だったんですね。これで好きじゃなかったらとんだビッチですよ...

佐藤は、”好き”という感情を自分達に当てはめていなかったからずっと悩んでいたんですね。最後はしっかりふっきれています。

 

+α

ものすごく大きな波があるわけではない2人の日常。最後まで”恋人”という感じではありませんでした。

でも傍には居続けるんじゃないかな~という感じ。当たり前に一緒にいて、それが苦ではない。恋人をすっとばして家族のような雰囲気の2人です。

描き下ろしは、佐藤がおろおろする番。マリは結構肝が座ってるんじゃないかな...と思いました。

 

最後に

”恋人”という名前が似合わない2人。でも甘くないわけではないんです。ふとさしこまれる2人だけの距離感や、空気感にきゅんきゅんとさせられます。

関係性に名前がつかない物語なので、物足りないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、それが一番の醍醐味だと思うのでぜひ味わっていただきたいです。

 あと、佐藤のコーディネートはとてもお洒落でそれを見るのもとても楽しいので、ぜひそこにも着目していただきたいです。

ふわっと甘い大人の恋。ぜひ味わってください。

 

↓5/24にロッキー先生のオメガバースコミックスが発売されます!!!ぜひ読んでみてください!!α×αの物語です!!!

 

単話売りでちょこっとだけ読んだ感想記事もあるのでよかったら↓

gin2rou-f.hateblo.jp

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!

ナナイタカ先生『増田が柴田に入ったら。』の話

無料ってほんとすごい

ナナイタカ先生の『僕のサーシャ』を見返していて、ふと今は何か連載されているのかな?と思い検索。

なんとスキマというサイトで『増田が柴田に入ったら。』というお話を連載されているようでした。

[全巻無料漫画] 増田が柴田に入ったら。|スキマ|全巻無料漫画が32,000冊以上読み放題!

www.sukima.me

《あらすじ》

恋するヘタレ男子に舞い降りたキューピッドは、まさかの柴犬♂!?グッズ制作会社に勤務する新卒の柴田昇には、悩みがあった。それは同僚のドジっ子天使・町田武が可愛すぎること…ではなく、彼との距離を縮められないこと。そこに突如現れた、増田と名乗る謎の柴犬。彼の正体は…そしてヘタレな柴田の恋は成就できるのか!?「真面目ヘタレ+犬×天然ドジっ子」が繰り広げる異色すぎるラブコメディ!

 

タイトルからしてなにやら楽しそうなお話の予感...

今現在、2話まで掲載されています。

 

【ここからネタバレ注意】

ナナイタカ先生のお話を読んだことがあるかたなら、安心して読めるはず。

そういう感じの優しくて可愛くて、ちょっとコミカルよりな雰囲気です。

--------------

視点は柴田視点。彼は同僚の町田に恋をしています。

こういうもう好感度カンスト系の話って安心ともだもだを味わえるので大好きなんですよね。ここに、謎の柴犬”増田”という動物(?)が関わってきます。

この増田の正体は、2話まででわかるのでぜひ読んでみてください。

とにかくこの増田が可愛い。

最初はちょっとうるさいぞ?と思っていたのですが、正体を知ればどんどんと可愛く見えてきます。根は犬なのでそういうところもあるのかな?

そんな増田とうまくやりつつ、町田のことを可愛いと心の中できゅんとしている柴田もなかなか可愛いんです。

ここからどういう風に発展していくんでしょうか...

増田の同行が気になります。もちろん柴田と町田の恋も!

 

最後に

まだ2話しか掲載されていないので、わからないことがたくさんあって、これからどう発展するのかが楽しみです。

個人的には増田がお気に入りです。とにかく可愛い。私も顔をもにもにしたいですね...

そして無料で読むことができるのって、かなりの贅沢ですよね。単行本1冊が700円前後で買えるのでも、作家さんの労力からみたら安いものなのに、無料って...

たまに無料で大丈夫なのかな...とか心配になります。

話は反れましたが、無料連載されているのでぜひ読んでみてください!

可愛い世界に惹きこまれること間違いなしです!

↑ちなみに、『僕のサーシャ』もとても優しいお話なので、良ければ読んでみてください!

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえたら励みになります!

キミに言えないことがある:もふもふ枝子 (感想)

キミに言えないことがある (Canna Comics)

f:id:Gin2rou:20190507190308p:plain

《あらすじ》

内気で元いじめられっ子の佳澄と、活発でクラスの人気者だった恭介は、小学生からの幼馴染み。

何度も窮地を救ってくれた恭介は佳澄にとってのヒーローで、時には恭介も佳純に助けられてきた。

お互いを意識し合っていて二人が社会人になった今、恭介と佳純には言葉にできない想いがあって......。

 一筋縄ではいかない

読んでいて苦しくて、良かったこれで幸せに...と思ったらそうはいかず...

ものすごく翻弄されました。とても面白かったです。

二人ともずっとずっと恋をしていて、それをひきずり忘れる事が出来ないまま大人になってしまった。

なまじ年月経っても一緒にいるばかりに、苦しくなっているんですよね。でも一緒にいないともっと苦しい。

二人にとっての幸せを見つけて行く物語です。

 

【ここからネタバレ注意】

攻:恭介

受:佳純

 

:まるで恋人のように

しょっぱな一緒の布団で寝ている描写からはじまります。もう雰囲気が甘い。ただこれ意識してやっているのではなくて無意識の行動でした。そしてそこから朝ご飯の支度まで、纏う空気は恋人そのもの。付き合って居ないのがびっくりなくらいです。

攻めの恭介はゲイでずっと昔から佳純のことが好きなんですが、そんなことは微塵も感じさせません。

受けの佳純は夫のある人と交際中...そんな彼に恭介は苦言を呈していきます。

佳純の幸せを願うばかりに”普通”を押し付けてしまう恭介。

実は過去に恭介は佳純からの告白を”勘違いだ”として流してしまっていました。

なんだか辛い...そんな過去があっても今の二人は一緒にいるんですよね。今一緒にいても心が揺らぐのは過去を思い出しているから。そんな風に気持ちに蓋をしているのが辛くてたまりません。

 

:それぞれの過去

それぞれに過去、自分がどういう境遇だったか、そしてお互いに出会った事によりどのように変わっていったのかが丁寧に描かれています。

恭介は小さい頃にゲイを自覚したようですが、それは蓋をする想いだとおもってしまいます。

対する佳純は恭介に対して憧れを抱いていましたが、でもいつかは離れて行かなくてはいけないと思っていました。

この二人の両片想い具合が切なくて切なくて、言葉にしないことがここまですれ違わせるのか...と感じます。

恭介の不倫が終了したことにより、二人の関係は発展していきます。

 

:次の問題

佳純の不倫が終了し、お互いに過去をふっきったことにより結ばれた二人。

この告白シーンの恭介の”不幸にしたい”発言はぐっときました。

最高です。二人で幸せになるのではなくて不幸になる。ここ恐らくゲイである恭介だからでた発言なのかな~と思っています。

しかし幸せなときはつかの間。幸せなはずなのに、どこか恭介を信用できていなかった佳純は、恭介に対して別れを告げることになります。

まあ過去に”勘違い”だと言われていたらなかなか難しいかもしれません。普通に傷つきますよね。

恭介も、佳純から別れの発言が出た時に否定の言葉を紡げません。

どこかで佳純は”幸せに”と思っていたから、”不幸”への踏ん切りがつかないようでした。

まさかの...めちゃくちゃ苦しくなりました。

 

:信じて

佳純とのことがあり、また仕事でも問題があり、いろいろと考えるようになった恭介。

そんなとき、佳純が残していった手紙を見つけます。

それをみて最後の決心がついた恭介は佳純の元を訪れるのですが、佳純はやはりまだ信じきれて居ないよう。

ここにきて自分の気持ちを否定された恭介は、過去の自分は佳純に対してこんなにも傷をつけたのかと気づかされます。

最後に紡がれた恭介の心からの告白は、ついに佳純の心にも届くこととなりました。

終わりまでドラマチックなんですよ...もう幸せになったときの感動はすさまじかったです。良かった幸せになれた....っていう感動の涙でした。

 

+α

ちゃんと気持ちが通じているときはらぶらぶなんですよね...

一度目の恋人同士のときもちゃんとらぶえっちがあります。もちろん最後にも。

描き下ろしは、相変わらず仲良しな二人。もう二人でいることが当たりまえで、どうして今までくっついていなかったのかがおかしいくらいに幸せなカップルでした。

カバー裏に登場人物の細かい設定が載っているのもみどころです。ぜひ紙を...

 

最後に

こんなにも心をぎゅるぎゅると絞られたのは久しぶりでした。幸せになったかと思ったらまさかの別れ。とても辛いものがありますが、この二人には必要な時間だったようにも思えます。

一筋縄ではいかない恋。ぜひ、二人の恋を見届けてください。

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえたら励みになります!

ハヤカワノジコ先生新連載!CRAFT vol.80(感想)

CRAFT vol.80―ORIGINAL COMIC ANTHOLOGY (H&C Comics)

CRAFT vol.80 【期間限定】

CRAFT vol.80 【期間限定】

《執筆情報》

おやすみ深海……ハヤカワノジコ
兎の森……苑生
DOGS ROUTINE……里つばめ
笑う鬼には福きたる……山本小鉄子
ロング・ロング・ハロー……ymz
Sugar in my Coffee……北畠あけ乃
いろいろつれづれ……草間さかえ
金魚の産声……ごんたくにど
春告げの青……野木 薫
わかちあいたい、ね……夏江夢子
碧と星音……fu
オオカミと許嫁……夜光花&梨とりこ

COVER:ハヤカワノジコ

 表紙買い

CRAFTの情報が出て、ハヤカワノジコ先生の新連載に大興奮だったのですが、表紙をみてさらに興奮しました。

美しすぎます...色彩から表紙の構成、キャラの魅力。どれをとっても最高の一言しか出てきません。

これは表紙買いする価値がある表紙だと思います...文字が載っているのがもったいないくらいですね。

どうやって描いてるんでしょうか。メイキング動画とかみてみたいですね。

内容も、ハヤカワノジコ先生目当てでした。そして最高。

CRAFTって年に4回しか刊行されないですよね...?嘘だといってほしい...

遠すぎます。

 

【ここからネタバレ注意】

※お気に入りだけ語ります。

 

おやすみ深海:ハヤカワノジコ

大本命です。

登場人物は大人めな感じ。学生ものではないですね。新鮮で良いです。

表紙の二人がメインなんですが、左の狼っぽい青年が神秘的で気になります。

左の青年に関してはまだまだ述べられいることが少なくわかりません。

右の青年は花屋で働いているよう。陽気で穏やかにみえてどこか影を持っているところがあります。

まだまだ1話がはじまったばかり。どういう関係なのか推察することしかできないのがもどかしいです。

左の青年が年下なのかな~とか。どういう経緯で知り合ったのかな~とか。

 ん~~とにかく早く続きが読みたいです!!!!


兎の森:苑生

相変わらず面白いですね。

題材的にしょうがないと思いますが、環の母親の情事ががっつりかかれていたりなかなかのクズだったりするので、そういうの苦手な人は注意が必要かなと思います。

個人的にはそれも含めて楽しく読むことができました。でもこの展開で現在4話。

どのくらいの長さで終わるんだろう...?と気になるところではあります。

前作でも上下でしっかりと描いていたので、長めの物語でしっかりと描いてくれたら嬉しいなと思っています。


DOGS ROUTINE:里つばめ

単行本発売を待っているこのシリーズ。良いですよね~

ちなみに6/1にGAPS、7/1にDOGSが二ヶ月連続で発売されます。

この二人の関係性は、いつまでも等距離で良いですね。

お互いに翻弄しあっているところが堪りません。


金魚の産声:ごんたくにど

1話読んだときから惹き込まれて気になっている作品です。

なんだかシリアスで切ない雰囲気が満載なんですよね~

どういう展開になるのか、とか先の予想ができなくてわくわくがとまりません。


わかちあいたい、ね:夏江夢子

生徒×先生は読んじゃいますね...背徳感がたまりません。

と同時になんだか切ない気持ちになります。

二人はどういう未来を選ぶのかこの先が楽しみです。

 

最後に 

 春感が満載で、みているだけで暖かい気分になれる表紙のCRAFT。

 表紙の美しさはもちろん、内容も楽しめるものばかりでした。

 とにかく続きが気になって仕方ない。

最後に言いたいのは、年4回刊行は本当に辛......

ぜひ、お手にとって読んでみてください。

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえたら励みになります!