夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

アルコホール・コミュニケイション:たらつみジョン 感想・ネタバレ

アルコホール・コミュニケイション (アイズコミックス)

《あらすじ》

歌舞伎町のスナックバー『或子(アルコ)ホール』には、学生やサラリーマン、フリーターや売れないバンドマンと、あらゆる人間が集まってくる。トモとナヲも、或子ホールで偶然出会っただけの二人だった。美大生のトモは卒業制作や友人関係で悩み、社会人のナヲは元カノを引きずり続けている。悩みを打ち明けたり隠したりしながら、いつしかその関係は、互いに大切なものになっていき……。ミステリアスな元バンドマン・ユミ×忠犬フリーター・ナツのスピンオフも収録。たらつみジョンのBL、アンダーグラウンドな街を舞台にした青春&エロス群像劇!

 

ネオンみたいに発光する恋

 同じ舞台で繰り広げられる2カップルと、もう一編短編が収録されています。

飲み屋街のネオンのように、暗闇で発光してひときわ輝くカップルたちのお話です。

自分の問題をぐるぐると悩んで解かして、カップルになっていきます。少しのつまずきは、接触不良でジジッってなるネオンみたいに思えます。

 

 

【ここからネタバレ】

《攻め:トモ、受け:ナヲ》

:飲み屋のノリ

 表紙の2人、左がトモで右がナヲです。

ナヲがバーで飲んでいるときに、トモが友達と来店してきたのが出会い。

良い感じにできあがった中で、美術館に一緒に出かけようという約束をします。

結構ここ唐突なんですが、飲み屋で出来上がってる人たちのノリってこんな感じですよね。シラフになって、あ~~~ってなる感じ。記憶があるとなおさら、、

 酔ってて陽気な学生のノリのトモを見て、センチメンタルな気持ちになってるナヲでした。

 

:美術館デート

美術というのが2人の共通点です。

トモは美術の専門学生で美術系に興味が有り、ナヲはアパレル関係の会社に勤めていて美術系に縁が有る。 最初に美術館に出かけてからは、会うたびに次の美術展の約束をして頻繁に会うようになります。

仲良く展示を楽しんだ後の、ふとした瞬間に魔が差し込んできます。ナヲは過去の恋愛にトラウマがあって、逃げることが癖になっている。この癖がトモに対しても発揮されます。きらきらしていて、いろんなことを吸収する若いトモに対して思うことがあるようです。

ナヲはどんどんとネガティブモードになっていきます。いまいちハッピーな雰囲気になりえないのは、これが原因です。

 

:告白されたトモ

トモが同じゼミの人から告白されたと聞いたナヲは、彼から距離を置き始めます。

ここで発揮されたのが、ナヲの逃げ癖ですね。素直に気持ちを伝えてきて、好意をみせてくれるトモに対して、怖くなって逃げてしまいます。

トモはもともと卒業制作の関係で結構忙しかったので、ぜんぜんナヲに会えなくなってしまいます。寂しそうにしているトモが可愛かった...

しばらく連絡を取らなかった頃、ナヲはトモが振った女の子の話を聞きます。トモは純粋に、ナヲのことが好きでいるということを再認識したナヲ。

トモが卒業制作をしている現場まで走っていきます。青春だ...

 

:すき

現場で再会した2人は、卒業制作をはさんでお互いの気持ちを確かめます。

ナヲがもうひとつこだわっていた”大人だから”という気持ちは、トモの「ナヲさんだからすき」という言葉で払拭されていました。

「俺もすきです」とちゃんと答えるあたり、逃げ癖が改善されているような...?

年齢的にはナヲのほうが年上ですが、精神年齢はトモのほうが上かな。これから先、2人で過ごすうちにいろいろと改善されていくんだろうなと思える結末でした。

トモナヲのほうは、同じストーリーを攻め受けの両視点で描いているので、両者の気持ちがよくわかります。 トモ視点はナヲのことを中心に考えていて、ナヲ視点は自己のことで悩んでいる印象でした。どちらも読んで、補完できたのでよかったです。

 

+α

”トモナヲ”カップルの他に、”ユミナツ”というカップルも同じ飲み屋街を舞台に恋を繰り広げます。年上攻め。こちらはナツが若いので、若さゆえの青い恋だなという印象でした。この話はえっちシーンがあります。

短編は、10歳差の年の差カップル。しかも年上受けです。過去の恋愛をずっとひきずって忘れられない受けと、そんな受けの過去の男に嫉妬する若い攻めの情熱的な恋でした。これ、もっと長い話で読んでも読み応えありそうなんですけど...これはこれで完結もしてて...ちょうど良い塩梅でした。

 

最後に

どの話も心理描写が細かく、彼らの葛藤がこちらに伝わってきます。絵のタッチも素敵で、表情が細かいです。彼らの心情を補完してくれます。

暗いところにいた人々が、新たな出会いという電力を獲てぱっと発光する。

自己の問題と向き合って戦って、幸せな結末を迎えるカップルたちの話をぜひ読んでみてください。

 

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
コメント代わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!