夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

Mr.Jellyfish:TATSUKI 感想・ネタバレ

Mr.Jellyfish (マーブルコミックス)

《あらすじ》

高校を卒業したルーク。 たったひとりの友達・ラウの旅立ちが近づいて――
大人と子どものあわいを生きる少年たちを、詩情あふれるタッチで描く表題作「Mr.Jellyfish
明治を舞台に主家の跡取り息子と、その代々の家臣として奮闘する熱血少年の絆がおかしくも愛おしい「柿と豆腐」
ゲイの小説家がテーラーである義兄と密やかな情事を重ねる「オーダーメイド」ほか、商業未発表作品も収録。 短編の名手・TATSUKIによる待望のサードコミックス!

惹かれる世界観

 じわりじわりと沁みてきて、惹かれる世界観でした。

cab掲載作品が2話と、同人誌発表作品が3話収録されています。

BL色は強くなく、独特な世界観が繰り広げられています。

読み物としても十分読み応えが有り、味のあるお話ばかりでした。

 

【ここからネタバレ】

Mr.Jellyfish

同人誌発表作品でかなり短いです。

くらげが好きな少年は、Mr.Jellyfishとからかいの意味で呼ばれています。

そんな彼と幼馴染だったラウは、よく一緒にいました。

あるときラウが旅をするようで、彼の傍からいなくなる日がきます。

くらげの水槽をみながら物思いにふけるMr.Jellyfishの心の内は複雑でした。

これはBL未満だなという感じですが、くらげとMr.Jellyfishの雰囲気が相まってかなり独特世界観をかもし出しています。

 

柿と豆腐

明治時代の設定で、幼馴染2人のお話。

こちらはcab発表作品です。若干のBL臭がします。

ギャグ要素もあってテンポよく読めました。

おばかで適当な青年と、可愛くて完璧な青年は対象的ではありましたが、想う気持ちは互いを向いていました。

明治の雰囲気が好きなんですが、このお話からもそれを感じられてさらに絵柄と相まって良い感じになっていました。

 

オーダーメイド

ゲイな青年と彼の姉婿の話。cab発表作品です。

姉がいない間に青年と姉婿は関係を持ちます。

姉婿は真面目そうに見える見た目ですが、中身はクズっぽいです。

背徳感があって薄暗い話ではありましたが、未来がある終わり方でした。

 

ひなどりレンジャー部隊

病院が舞台のお話。同人誌発表作品です。

こんどは明るく可愛らしい雰囲気。

天然癒し系な先生と、先生のことが好きで勢いでキスしちゃうおせおせ看護師のお話。

周りの人たちのキャラクターも素敵で、良い役割をしてくれていました。

最後は、「先生が落ちるまで攻めでいきますから!」宣言でした。

先生もまんざらではないところがミソですね。

 

Blue to blue

同人誌発表作品。BLではなく、青年たちの不思議な関わりのお話。

青年と幼馴染の双子の3人でストーリーが進んで行きます。この双子の個性が強くて、そこが一番面白かったです。

青年がいじめられている現場に颯爽と現れるところはかっこいい...ただ、すごく不思議な感性を持っている双子でした。

淡々としたお話です。独特の雰囲気がありました。

 

あとがきがカバー裏に書かれています。

この単行本を出すことになった経緯と、それぞれの作品のプチ秘話があります。

やっぱり作家さんから話についての補完があると嬉しく感じます。

 

最後に

 TATSUKI先生は初読みの作家さんでした。8年ぶりの単行本ということで驚きです...

絵もストーリーの雰囲気にぴったりで、薄暗い話からコミカルな話まで幅広く読むことができ、かなり楽しめました。

読んだ後にじわじわと沁みてくるものがあり、余韻にひたることができます。

BLでなくても十分に楽しむことができました。

 

↓Mr.Jellrfishはpixivでも読むことができます。試し読みにぜひ。(TATSUKI先生のページへ飛びます)

www.pixiv.net

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
コメント代わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!