夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

しあわせに満ちた夜の庭(1):ロッキー (感想)

しあわせに満ちた夜の庭1 (シャルルコミックス)

《あらすじ》

αの男×αの男、オメガバース史上究極のBL!
麗しい見目に、控えめな性格。いっそΩ(オメガ)に生まれればよかったのにーー
周囲から散々そう言われてきたα(アルファ)のノアが出会ったのは、宮田一(みやたはじめ)という同じαの男。
お互いαで、しかも男同士の恋なんて許されるわけがない。ひとときの幸せだと憂うノアだけど…
運命の出会いはαとΩだけの特権じゃない!?
ファン待望!単行本『かげふみの恋』に収録の「僕たちはまるで誘蛾灯のように」「籠の中」のスピンオフ!!α同士のオメガバース・ラブストーリー。

 

この連載を待ってた!!!

 まさかのこちらのCPで続編が出ると聞き、大興奮しました。

こちらのCPは、「かげふみの恋」という短編集に入っているα×Ωのスピンオフです。

感想はこちら↓

かげふみの恋:ロッキー 感想・ネタバレ - 夜明けの腐日記

 ちなみに、スピンオフ連載と共に、「かげふみの恋」に入っていたオメガバース作品だけ単話売り開始されています。

(こちら↓を読まれてからスピンオフを読んだほうが何倍も楽しめます。)

僕たちはまるで誘蛾灯のように1 (シャルルコミックス)

僕たちはまるで誘蛾灯のように2~籠の中~ (シャルルコミックス)

 

作中でα×αなカップルと描写があり、気になりすぎてました。

ありがたい.....ロッキー先生の美しすぎる絵と相まって神秘的な空気がでています。

まだ連載開始されたばかりで、1話は開発BLにも掲載されている作品なので既出ではあるのですが、連載という形になり大興奮です。

 

【ここからネタバレ】

《攻め:一(はじめ)α、受け:ノアα 》

美しすぎるノアは、αであったとわかった途端、親のコマとして見合いの場へ出されます。

そこで”αがαを選ぶための場”というのに馴染めず、壁の花と化していたノアに声をかけてきたのが一でした。

ノアに声をかけて必死に落とそうとする一の気障ったらしいところとか、ノアも戸惑いつつも一に惹かれていく描写が美しいです。

そのまま人気のないところへ移動してα同士ということもあり挿入なしの接触があります。

その際、自分がΩだったら彼を受け入れることができたのにと思うノアの心持が可愛らしかったです。

1話は読みきり形式だったため、展開が早く感じますが2話以降で補完されていくだろうなと予想します。

 

最後に

まだまだ始まったばかりで、ここからどう転んでいくのか楽しみで仕方ないです。

ノアの美しさと素直さは必見で、どういう風に恋していくのか気になります。

一に関しては1話ではほとんど知ることができません。「かげふみの恋」に出てきているときは、”友達”と接している彼しかみることができないので、恋人に対する彼の行動も楽しみです。

早くコミックスで一気に読みたい...

ぜひ!これから展開されるα×αの物語に注目したいです!!!!

 

2話は「Charles Mag オメガバース vol.1」に収録されています。

単話売りはRenta!で先行配信中です。

 

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント変わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!