夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

熟れおじBL:アンソロジー (感想)

熟れおじBL (Charles Comics)

熟れおじBL【特典付き】

熟れおじBL【特典付き】

 

《内容紹介》

この年にして性に目覚める平均年齢45歳の本気エッチ
美オジがトロけるトロけさせる

カバーイラスト:にやま

コミックス:折紙ちよこ・にやま・練馬zim・春山モト・藤峰式・松基羊・m:m・由元千子・りーるー・ロッキー・六多いくみ

 完熟してた

気になりすぎてやはり購入しました。おじさまってなんでこんなに魅力的なんでしょう...エロを求めていたわけではないのですが、やはり好きな作家さんが執筆陣にいると読みたくなっちゃいますね。

結果、買って大正解でした。

 

【ここからネタバレ注意】

(個人的に好きな作品のみピックアップです。)

 

《夢の泡:松基洋》

濃厚なエッチのある作品です。初読み作家さん。

読んだ中で一番、そうきたかー!!と思った展開でした。好きです。

中年娼夫×極道の跡継ぎのビジネスセッセなんですが、受けは娼夫を想い人の変わりに使い、攻めはその彼に成りきって行為に及ぶというスタンス。

でもあくまでビジネスなので情は湧かない。と思いきや...?

受けの健気なところとか、攻めのおじさまならではの色気の凄まじさとか!!見た目的な要素はもちろんのこと、ストーリー展開にも魅力があります。

えっ、うそ?まさかそんなチープな展開に?と思いきやの最後に、きっと魅了されること間違いなしです。

この感じはぜひ読んで味わってもらいたいところです。

 

《ハウトウキャッチアスター:m:m》

こちらはエッチなし。

m:m先生の描かれるおじさまは、きっと良きおじさまだと確信しページをめくるともう!!堪りませんでした。絶妙な枯れ具合と、個性の爆発。

物語は、34年の年月を描いているのですが、若い頃から枯れている姿までの描きわけも素敵で、もう絵だけで見惚れてしまいます。

飛び込み選手のアビーに憧れた少年が、大人になり彼を見つけぐいぐいと迫っていくお話。まっすぐで明るくて純粋だけれどどこかずるいトムに出会ったアビーの心境の変化に注目です。

切ないけれど甘い。物語で魅せてくれた作品でした。

 

《ふたりと黒い猫:ロッキー》

微エロな描写あり。

ファンタジーまではいかないけれど、不思議な空気をもった作品でした。ロッキー先生のおじさまは耽美...美しすぎます。

人の悪意が黒い影になって見える倉田は、自身が勤める大学がどす黒い空気をまとっていることに悩んでいます。そんな中、現れたのは過去に自分と関係を持っていた刑事の知野。

何年も連絡を取っていなかったのに突然現れた彼に困惑しながらも、事件の解決のために黒い影が見えるという能力を使います。

過去の出来事から、知野が自分に対してどう思っているのか悩んでいる姿は色っぽいけれど可愛いおじさまといった雰囲気。知野は無表情なのも相まってどこか妖しい雰囲気をまとっているようにも見えます。

はっきりと2人の関係について描写しないのが、ロッキー先生の物語の魅力で大好きです。結局2人はこの後どうなったのか。ぜひ続編が読みたい物語でした。

 

最後に

いろいろな作者さんが描かれるおじさまは魅力に溢れていて、どの年代をおじさまとするのかも個人の価値観によるものなので、その表現の違いを楽しむのも1つかなと思います。

ぜひ、この秋に熟れたおじさまBLを読んでみてください。完熟です。

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえればはげみになります!