夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

ボーイミーツマリア:PEYO (感想)

ボーイミーツマリア (Canna Comics)

《あらすじ》

幼い頃からヒーローに憧れる大河は、高校に入学し運命の女の子と出会う。

その相手は、演劇部のマドンナ・通称「マリア」。

公園で一際目立つマリアに一目ぼれした大河は、出会ったその日に自分のヒロインになってくれと告白するも、あえなく玉砕。

評判の美女は実は男だった――。

性別は関係ない

久々にヒットする物語に出会えました。BLというよりは、青年同士の恋といった感じでストーリー重視。なおかつ行為描写はありません。

出会った2人が、紆余曲折を経て素直になり、最後は手探りな恋をしていきます。比率としては”紆余曲折”な部分が90%くらいなので、”BL”を求めている方には物足りないかもしれません。

ポップな表紙とは違った雰囲気の内容なので、試し読みされることをおすすめします。きっとあなたもヒットするはず。

 

【ここからネタバレ注意】

《攻め受け表現なし》

通称マリア:有馬優

純粋なお馬鹿:広沢大河

 

:演劇部のマリア

 ヒーローに憧れている大河は、演劇部のマドンナ・通称「マリア」の踊りを見て一目惚れします。しかしその後、マリアへコンタクトを取って見るとマリアは男でした。

マリアこと優は、見た目はとても綺麗で女性と見紛うほどですが、性格は男前。というか少しツンが入っているような感じです。

大河は高校生になってもヒーローに憧れていると公言する、少し純粋すぎる性格です。が、彼の行動はコミカルで物語にくすっとくる笑いを添えてくれます。

大河も演劇部へと入部し、大根な演技を周りの協力を得て磨いていく。その過程でマリアとも接するようになります。

大河が演技を通じて成長する様と、マリアが女装でしか舞台に立たない理由。この2点を主軸にストーリーは進んでいきます。

 

:男と女

マリアを最初は”女”として認識していた大河ですが、彼が男だと知ったあとも彼の事が好きだと発言します。

周りからはホモ...と言われたりしますが、そんなことは全く気にしていない模様。この性別が女じゃないからどうこう、という意識が大河の頭の中にないのだと思います。

こういう考え好きですね。

そして演劇部の顧問から、優が”マリア”として舞台に立つ理由を聞いた大河。

なんとも暗くて辛い過去が原因でした。優は小さい頃から母親に女の子の格好を強要されていて、その結果ロリータ・コンプレックスな人からレイプを受けます。

ここ、苦手な人はかなり注意が必要だと思います。小さい子が成人男性からレイプされているわけなので...

 

:大河の成長

優の過去を知った以降、大河の雰囲気が一変します。そして前半の大根役者っぷりはどこへやら、演劇の主役をまかされることになりました。

変わって行く大河の様子をみて、優も思うところがあるようです。

この話の中でポイントとなってくるのが、”性別”です。優は”女として生きたい人”というわけではないので、周りから見られる自分となりたい自分の間で不具合が生じているような感じだと思います。 

やはり過去の出来事が優へ深く影を落としているようでした。影から抜け出せない優。余計に大河がまぶしく見えたのではないでしょうか...

その後お互いに涙を流しながらの感情のぶつけ合いがあるのですが、とても切なくて重みがありました。そしてここが、優が影から抜け出す始めの一歩になります。

 

:愛のカタチ

 大河が主役の演劇舞台当日。成長した大河ですが、ちょっと抜けてるお馬鹿なところは相変わらずです。なんとも安心します。

舞台は無事に終了し、マリアはいつも以上に美しくて大河は台詞をカミカミ、という2人らしい形でした。

感情のぶつけ合いを経た2人の関係性はぐっと変わっています。言葉にしてはっきりと”付き合う”ことになっているわけではないんです。でも2人とも当たり前のように一緒にいることを認識しています。

ここが一番ぐっときました。

 

+α

 描き下ろしは”初デート”に悩む話。物語全体を通して、大河の友人である2人がとても良い役割を果たしています。

その2人がまさかのデートにも関わってくるという...

優も大河も初心で、恋はおそらく初めてなんじゃないでしょうか...手探り具合が可愛くて微笑ましいです。

 

最後に

 恋をしているなと感じたのは描き下ろしの部分だけでした。ストーリー重視でそれが際立っているので、問題なくとても楽しんで読むことができます。

演劇を通して成長していく、性別の関係ない2人の物語をぜひ読んでみてください。 

 

試し読みはこちら↓

ボーイミーツマリア |Cannaコミックス
特典情報はこちら↓

【購入特典】PEYO「ボーイミーツマリア」 | Cannaコミックス

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
コメント代わりにぽちっとしてもらえれば励みになります↑