夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

日傘ちゃん(1巻):テクノサマタ (感想)

日傘ちゃん (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)

《あらすじ》

ある暑い日、公園で困っていた湊をさりげなく助けてくれたのは、大人の男の人なのに女性用の日傘をさしていることから「日傘の君」とローカルで有名な外人さん・セスだった。

そして、なぜか湊を「日傘」と呼ぶセスと、次第に親しくなっていき......。

 切なくて温かい

 テクノサマタ先生が紡ぎだす、温かくてそれでいてどこか切ない物語。

突くと崩れてしまいそうな年代の湊と、日傘を差す不思議なセス。繊細な絵柄で、とても丁寧に心情を描かれています。

とても人間味のある登場人物たちが楽しませてくれます。

 

【ここからネタバレ注意】

 

:日傘の外国人さん

湊とセスの出会いは、犬に怯えていた湊をセスが助けたことから。

助けてもらった後、セスのペースに引きこまれたまま一緒にアイスを食べたり、日傘を渡されてそのまま別れたり。

この引きこみ具合は、強引というわけではなくマイペースなセスに湊が引きこまれている感じ。

つかみどころがなく、地元でも日傘をさす外人さんということで有名なセスの行動に、目を白黒する湊が可愛かったです。

 

:若者の夏

湊はとある理由から、おじいちゃんの家へ逃げ込んでいます。 そのおじいちゃんは、喫茶のような飲食店を営んでいて、湊も滞在中は手伝いをしています。

セスがその店をよく訪れることにより、湊とセスはよく顔を合わせるようになりました。

夏の花火大会では、高台にあるセスの家へ招かれ一緒に花火鑑賞をします。

この頃になると、湊はセスと自分の関係性について考えるようになります。きっかけがあったとはいえ、縁が続いていって家へお呼ばれするようになると考えちゃいますよね。年が離れているとなおさら。

あとですね、セスの弟さんがとてもインパクトあって良いキャラです。

 

:それぞれのこと

花火大会の日、湊はセスの過去に触れます。切なくて繊細。

そしてセスが日傘を差す理由にも触れられます。それには湊が無関係ではなく...セスの萎れていた心を少し明るくしたのが、なにげなく取った湊の行動でした。

セスの過去にも関係している”日傘を差す”という行動。キーアイテムです。

逆に湊は、”男性が日傘を差す”という行為を普通にやってのけるセスに憧れを感じているようでした。湊のその心境の理由は、”逃げてきた”元の出来事に起因しています。

湊の出来事もとても切ないんですよ...高校生特有の人間関係のこじれ。

どちらの行動もお互いに作用していて、とても素敵な関係だと思いました。

 

:2人の関係

湊の出来事をセスへ吐露した後、2人は散歩へ出かけます。とぼとぼと歩きながら話をする2人。泣き出す湊を受け止め、泣くまで傍にいたセスでした。

その次の日、また出会った2人はセスの思い出話をします。これがまたさらに切ないです。彼の過去により深く触れていきます。

そして、湊のした行動がセスへもたらした変化についても触れられました。

「湊によって動かされた時間」という表現がたまらなく好きです。

思い出話をしながら泣いてしまったセスの頬へキスを送る湊。セスもびっくりですが、やった本人のほうが驚いていました。

そして物語は2巻へ続きます。

 

+α

これから発展していくだろうと思われる2人の関係性にソワソワせずにはいられません。

2人のしていた行動が無意識のうちに、互いへ作用しているというこの関係性が大好きです。なんともいえない距離感と関係...最高ですね。

こういうのが大好きです。

湊の逃げてきた理由の解決は、1巻ではされていないので2巻でされるのかな~と思っています。

 

最後に

 今後の伏線回収がどうなるのか、楽しみで仕方有りません。

2巻が早く読みたい!!最終話は本誌で読んでいるので、途中経過が気になるんです...

1巻をお持ちのかたはぜひ、2巻発売前におさらいを!!

そして未読の方はぜひ、繊細で人間味溢れる物語を読んでみてください。

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
コメント代わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!↑