夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

【分冊版】恋をするつもりはなかった1話:鈴丸みんた (感想)

【単話売】恋をするつもりはなかった 1 (ドットブルームコミックスDIGITAL)

《あらすじ》

セックス経験なしのゲイ・佳乃はもうすぐ三十路。ある日、思い切って訪れたゲイバーで銀髪の青年と出会い…? 

※本電子書籍は「メロキス-mellow kiss- 2019年1月号(第7号)」に収録の「恋をするつもりはなかった 第1話」と同内容です。

三十路の可愛さ

 気になっていたのでとりあえず1話を読了。

えっ可愛いな???という感想しかでてきません...

 

【ここからネタバレ注意】

まずですね、経験なしのゲイで三十路というところがインパクトあります。

相手がいないので、おもちゃで自分を慰める日々。

 

ある特別な日、勇気を出してゲイバーへ赴きます。そこは、普通のバーといわゆるハッテン場(?)が併設されているところ。

女性避けに指環をするくらいに顔は良い佳乃は、どこか無垢で幼く見えます。周りがほっとけない感じ...

 

そんな佳乃がハッテン場の方へ移動しようとすると声をかけたのが、ロウでした。ロウの素性の知れ無さに妖しさを感じ、銀髪と容姿に美しさを感じます。

 普段おもちゃが相手だった佳乃が、ロウのものを触ったときの感想が!!あ~と言葉を無くす感じでした。

 

最後に

1話を読んでの感想は佳乃可愛い...ですね。

経験のなさからくるのか元来の性格からくるのか、どこか幼さのある佳乃。ぜひ三十路の可愛さを体験してみてください。

ロウの素性の知れ無さに、これからの話の展開に期待せずにはいられません。

 

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
コメント代わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!↑