夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

【分冊版1話】嘘つきのアトリエ:衿先はとじ  (感想)

嘘つきのアトリエ vol.1 (シャルルコミックス)

《あらすじ》

小田若葉(おだわかば)は、老舗の上田画廊でスタッフとして働いている。
その上田画廊の専属作家・上田紅太(うえだこうた)は、美大時代の同級生で、憧れで、若葉が絵を描くのをやめた理由だった。
紅太の個展の準備に追われていたある日、疲れで朦朧とする意識の中、タガが外れて若葉は紅太とセックスをしてしまう。
翌朝、顔面蒼白になった紅太を見た若葉は咄嗟に、「(こういうことする)相手、おまえだけじゃないから気にするな!」と嘘をつき、二人はずるずると体の関係を続けることに。
そんな関係がうまくいくわけもなく、若葉も紅太も一体どこからやり直せばいいのかわからなくなってしまい……

最高のすれ違い

 こちらの作品、元は作者さんが出していた同人誌だったよう。過去のものに加筆修正されて分冊版配信がされています。

また、「嘘つきのアトリエ」はWEB雑誌『Charles Mag』に収録されているものの単話配信です。重複購入にご注意ください。

 

 咄嗟の嘘からセフレになった、新鋭画家×元絵描きのすれ違いBL

はとじ先生の描かれている絵が大好きで...絵柄に一目ぼれして読んでみようと思いました。

攻めが双子という設定も楽しめるポイントなのでは...?と1話を読んで感じます。

 

【ここからネタバレ注意】

 

攻めの紅太は、蒼太と双子の兄弟。見分けはいまのところ、髪の毛の色でつけることができます。

受けの若葉は、地味めな感じ。

 

身体の関係があるのは、紅太と若葉です。

きっかけは、寝ぼけた紅太が若葉に手をだしたことから。ここ、結構唐突なんです。が、それが逆になぜこの2人は...?という妄想を膨らませてくれます。

実はこの2人両片想い。

究極のすれ違いでした。身体先行...

よくある、身体先行でこじれすぎて病み鬱...みたいなことではなく!!

あくまで2人の間に流れるのは甘そう~な雰囲気なんですが、甘くはないです!!お互いに、身体が先になってしまって...と悩む姿がたまりません。

 

この話の中で軸になるのは、恋愛と絵を描くということかな~と思っています。

1話では触れるだけなので、今後の展開に期待するところではあります。

そして、紅太の双子の兄弟である蒼太の存在も気になるところです。なんだか一物抱えていそう...

全ての要素が、私の心をくすぐるので、今後の話展開とコミックス化に期待したいと思います!!!

 

最後に

はとじ先生の綺麗な絵柄で描かれている今作。

綺麗なんですが、漂う雰囲気はどこか薄暗いです。身体の関係がある2人の雰囲気の甘さと渋さを含んだところもたまりません。

現在、分冊版の2話まで読むことが出来ます!気になる方は是非!読んで見てください!!!

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
コメント代わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!↑