夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

ファンキーヤンキーベイビーくん:ナリ (感想)

ファンキーヤンキーベイビーくん(POE BACKS/BABYコミックス)

f:id:Gin2rou:20190122221914p:plain

《あらすじ》

高校2年生にして番長である姫野 菊華(ひめの きっか)は周囲の不良達からも一目置かれるカリスマ的存在。
その圧倒的なケンカ強さには信奉者も集まるが、敵も耐えない。その一人が教師の茅根(かやね)。
姫野になんとか補習を受けさせる為に茅根は旧友・千秋(ちあき)に菊華の捕獲を依頼する。
取り立て屋としても腕っぷしが自慢の千秋と絶対に負けたくない菊華のバトル・ラブが勃発。
そしてこの二人の出逢いはスケバンからお坊ちゃんまで巻き込む激熱のヤンキー抗争へと発展していく――!

 これぞヤンキー受け

いろんなヤンキー受けがありますが、、ここまでアクションシーンがあるヤンキー受けの物語を初めて読みました。

『BL界よ…これがヤンキー受だ! !』 という煽り文句は誇張表現ではない。

作中ではヤンキー絡みの展開が多く、”恋”がメインではない印象を受けました。が、描き下ろしが!!最高でした...

ヤンキー受けで男前...この受けも男前受けの部類に入るのでは...?と思っています。

 

【ここからネタバレ注意】

千秋実朝(取立て屋)×姫野菊華(番長)

:胡散臭い

2人の出会いは、サボリ気味な菊華を補習にこさせようとした先生が、友人の千秋に菊華の捕獲を頼んだことから。

最初は、外部の人間になぜ頼む...?と思ったのですが、喧嘩が強いヤンキー番長な菊華を普通の人間が捕獲するのは至難の技。いろんな意味で経験豊富な千秋に頼むのは合点がいきます。

捕獲の際、不覚にも千秋に負けてしまった菊華。でもその方法が、拳ではなくキス。動揺したところを捕獲されます。

それがきっかけで菊華は彼のことが気になってしまうよう...対する千秋は男も範囲内なのかな?という印象です。

 

:ヤンキーだらけ

ヤンキーの周りにはヤンキーが集まってくるようで...レディースだったり、チンピラを金で動かす坊ちゃんが登場します。ガラ悪い系なんですが、どこか憎めない可愛い脇キャラばかりです。

そんな中、千秋は取りたての相手であるチンピラを探すように菊華へ依頼。

その理由は単純に菊華に会いたいだけなのか...どこか胡散臭い、手の内が読めない千秋に乱されていく菊華でした。

菊華は喧嘩が強く警戒心も強いかと思いきや、どこか抜けていてあっさりと千秋に近づいたりと距離感がもどかしくて堪りません。

 

:坊ちゃん

物語を転がしていくのが、チンピラたちを従えている坊ちゃんの存在。坊ちゃんも彼自身を知ったら、なんだか可哀想に思える子です。 

千秋が坊ちゃんの僕にぼこられたり、それを菊華が察知したり。なんだかどんどんと2人の距離が近づいていきます。でも雰囲気?的な意味で近づいているだけ。

心が近づいているかと言われれば微妙なところです...

千秋をぼこった後の坊ちゃんは、菊華の高校へ喧嘩を売りにいきます。それを受けて立つ菊華。

小さい身体で身軽に戦う姿は良いですね...

 

:頑張る理由

菊華が坊ちゃんと力の限り戦う理由は、千秋の存在でした。彼がぼこられた報復のような形で戦っています。 

最終的に、坊ちゃんと菊華のタイマン後、なんだかんだで和解のち親しくなっています。坊ちゃんの素直になれなさが可愛い...

タイマンシーンでは、若干千秋が空気なんですが、やはりそこは千秋×菊華ですから、最後をかっさらっていきます。

菊華に対し、ストレートに想いを告白する千秋。それに対する菊華は照れていますが、やはりまんざらでもなさそう。

でも最後まで、どこか甘くなりきらない男前な菊華ちゃんでした。

 

+α

描き下ろしでようやく2人の関係が発展します。

本編では恋人未満、というか千秋が告白しただけで終わりましたので...描き下ろしでようやくといった感じです。

耐え切れなくなった千秋が無理やり...なんですが、菊華もそれをきちんと受け入れています。菊華がなかなか素直になれないことにより発生した事態だな~といった印象でした。 

 

最後に

 本編では、甘い雰囲気になることはないですが、描き下ろしで補完されます。

『BL界よ…これがヤンキー受だ! !』 という煽り文句通り、ヤンキーならではの展開とアクションシーンが痛快で楽しかったです。

少年漫画の雰囲気を併せ持ったBL。ぜひ読んでみてください~!! 

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!