夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

大人で子供で先生で:ナリ (感想)

大人で子供で先生で (BABYコミックス)

f:id:Gin2rou:20190125231217p:plain

《あらすじ》

担任教師の茅根(かやね)が同性に迫られる現場を目撃してしまった不良男子・井関(いせき)。以来、井関は茅根のことが気になってしまう。学校での茅根は一見クールだが仕事熱心で生徒想い。しかしプライベートの茅根は生活能力が低く、そして、どこか色っぽい。井関は何かと茅根の世話を焼くようになり、だんだんと2人の距離が縮まっていく。その矢先、井関の前に茅根との関係を仄めかすヤクザ・滝口(たきぐち)という男が現れて…。
ヤンキー受けの代表作『ファンキーヤンキーベイビーくん』のスピンオフ。先生のダメなギャップにどうしようもなく惹かれてしまう硬派ヤンキーの恋の行方は!?
今作も好きな男のため命をかけた野郎どもの戦いが勃発!

漢と恋と初恋と 

 ナリ先生の新刊早くでないかな~と期待していた今作。「ファンキーヤンキーベイビーくん」のスピンオフという位置づけで発売されました。

前作を読んでいなくても問題なく読めますが、ところどころに散りばめられている要素が前作のことだったりするので、読まれることをおすすめします。

ヤンキー生徒×先生なCP。先生の過去が中心で進んでいく話は、ヤンキー要素を含みながら進んで行きます。

徐々に距離をつめていく2人の描写がたまらなく萌えました。

受けの過去が不憫なのでそこが苦手な人は注意が必要ですね。

 

【ここからネタバレ注意】

攻:世話焼きなヤンキー・井関

受:生活力ゼロな教師・茅根

 

:妙に色っぽい

 担任の茅根が男に迫られる場面を目撃したことにより、彼のことが気になってしまう井関。酔い潰れた彼の世話を見たことにより、彼の生活能力の低さなど、学校では見られない場面を知るようになります。

”男に迫られていた”ということにより、妙に茅根の仕草が気になってしまうよう。

そんな2人は、井関が後輩の落とし前を付けるために身体を張った出来事により急接近します。

茅根に対してどきどきしっぱなしの井関がとても可愛かったです。

そして、茅根の過去についても次第に明らかにされていきます。”妙に色っぽい”茅根のその理由は彼の過去に起因しているのかな~と思いました。

 

:茅根の過去の男

薬関係で井関の後輩が引っかかったのは達の悪い輩でした。そして彼は、茅根の過去に深く関係のある滝口という男。

そんな後輩のために身体を張った井関ですが、その彼に目をつけた滝口から井関を守るために茅根も身体を張ります。文字通り。

ある日茅根が酷い怪我をしていたことから、井関は怪我の原因が滝口という男だということも知ります。茅根のために今度は自分が動こうとする井関ですが、茅根に激しく止められてしまいます。

その理由は、茅根が過去に滝口から酷い仕打ちを受けていたからでした。滝口はなかなかのクズです。

受けが不憫な目に合っている経験があるのが苦手な人は要注意。

 

:粘着質な滝口

滝口との接触を止められた井関は、茅根をなんとか滝口から離すように各策。ところが、それは滝口を逆上させるだけでした。

静かに淡々と怒り、相手を攻めていく滝口の怖さ...井関と茅根の2人がかりでも歯が立たなそうな雰囲気を持ち合わせています。

不意打ちに井関の目の前に現れた滝口。囚われた井関を救おうと茅根は頑張りますが、滝口の冷酷な振るまいについに刃物を手にしてしまいます。

それをやめさせたのが井関でした。それも彼の身体自身で。もちろん、死んだりはしていないですが、不可抗力とはいえ”先生が生徒を刺した”この部分が茅根に大きくのしかかってきます。 

井関のことが好きだと自覚した矢先にこの出来事。重くないわけがありません。

そして彼が取った選択は、井関から離れるという手段でした。

 

:立ち向かう強さ

 お互いに好きだという自覚があるのに、どうしても立場という壁に阻まれて自分の気持ちを押し通すことができない。このもどかしさが堪りませんでした。

しかも茅根にとっては生徒に怪我までさせてしまったという要素が追加されています。

井関が入院中、滝口の元へ決着をつけにいった茅根。負けそうになりますが、そんな場面に現れたのは井関でした。もちろん井関に守られているだけではなく、茅根自身も強くなり過去の滝口と今の滝口とも決別をします。

そしてようやく甘い雰囲気になるかと思いきや...?!

井関の告白に対し、いろんな理由をつけて断ろうとする茅根ですが、それは付き合う前提での言い分けでした。もう既に井関のことが好きな茅根。

最後は、卒業式の場面。2人が恋人という関係になるところで本編は終了です。

 

+α

描き下ろしが、本編直後。卒業式の後に、ようやく結ばれる2人の話です。

”実践ははじめて”という井関ですが、茅根のえろさには陥落...若さも相まって茅根を攻めていきます。えっちでした... 

カバー裏にナリ先生のあとがきがあって、この作品の裏話も知る事ができました。

 

最後に

 今作もヤンキー要素を交えながら進んでいき、お互いが徐々に好きになっていく気持ちの過程が描かれています。

前巻よりもアクションシーンは減った印象ですが、その分ラブの要素が多くなったような...?

程よいアクションもありつつ、好きな男のために命をかける2人の物語。

ぜひ!!!読んで見てください!!!ナリ先生の絶妙なコミカルさとシリアスのバランスはクセになること間違いなしです! 

 

ファンキーヤンキーベイビーくん感想記事はこちら↓

gin2rou-f.hateblo.jp

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント変わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!