夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

ふたりのライオン:古矢渚 (感想)

ふたりのライオン (バーズコミックス ルチルコレクション)

《あらすじ》

人懐っこくおおらかな順平が入学早々のキャンパスで出会ったのは無愛想な男・礼央。言葉を交わすうち、礼央が同じ高校出身で当時「裏番」と恐れられていた「鬼獅子」だと分かる。誤解から遠巻きにされていた孤独な日々から脱するべく、遠方の大学に入り友達を作ろうと努力する礼央の、初めての友人となった順平だが、やがて礼央に対して友情以上の気持ちを抱くようになり……?

じっくり恋

今回も古矢渚先生のお話だな~という感じで安定して読むことができました。

じっくりと距離を縮めていって、ちゃんとお互いの感情をぶつけて恋に発展する。思いを言葉にするのって結構難しいけれど、傷つくのを恐れずに発言していく彼らはとてもたくましく思えます。

終始健全な話なので、その点も安心して読むことができました。

 

【ここからネタバレ注意】

攻:宍戸・大学生

受:鬼塚・大学生

 

:見覚えが...

2人の出会いは大学構内。”水”がきっかけとなり話をするようになります。

この2人は初対面というわけではなく、同じ高校出身だったよう。

”鬼獅子”の異名をもっていた鬼塚なんですが、その印象を変えようと大学では地味に過ごしています。

そんな彼のギャップに驚きつつ、友達になろうという宍戸のなんと純粋なこと。 

鬼塚はクーデレにみえて根は素直ですし、宍戸は優しくて若い青年で、悪い人がいないのが良いな~と思います。

 

:友達

 ”友達”宣言からはどんどんと距離を詰めていく2人。一緒にライブハウスへ行ったりと日常を楽しんでいます。楽しいことをするときの好みがあっているのって結構重要だな~と、2人の相性がぴったりだと思うエピソードもあります。

”友達”が大学内のことだけだと思っていたら、外で一緒に過ごすこともできて、そのことに照れている鬼塚がとても可愛かったです。

距離を詰めていく過程で、鬼塚のことを知り少し戸惑ってくる宍戸。

そして好きを自覚していきます。

 

:友達じゃなくて

好きを自覚した宍戸ですが、”友達”になろうと自分から言っておいて鬼塚のことを好きになってしまった。このことが彼を苦しめます。

友達に対して抱いて良い感情ではない...と。その心の内の葛藤が、鬼塚と話す表情ににじみ出てしまいます。

そんな彼の変化に対して、鬼塚は不振におもいます。ずっと楽しく交流してたのに、急によそよそしくなったらそりゃ不思議ですよね。

今まではずっと宍戸からのアクションに身をゆだねていましたが、今度は自発的に動きます。 

 

:思い出す

宍戸をうまく呼び出し、相対する鬼塚。お互いの感情を吐露している途中で、話は急展開を迎えます。 

いきなりの暴力沙汰。鬼塚の過去に関係する不良達に不意打ちを襲われます。鬼塚だけなら良いものの、一緒にいた宍戸までもが囚われる始末。

が、そこを力でねじ伏せたのが鬼塚。宍戸が傷つけられそうになったことで、覚醒のような感じなんですが、相手を大切に思っているからこその行動だと思いました。

それが収束した後、鬼塚のことが好きだという宍戸に対し「たぶんいけると思うぜ」という鬼塚。

こういう関係性が最高ですね~~~!!!!本当にたまらない終わり方でした。

 

+α

描き下ろしで萌えが補給されます。ほんとうにたまらない!!!

鬼塚のデレが発揮されていきます。真顔でデレていくんですよ...

宍戸が無自覚デレに振り回される未来が目に浮かびます... 

最高でした...

 

最後に

 今回もとても楽しかったです。古矢渚先生ならではのストーリー展開と、恋の育み具合。

くっつくまでの過程が描かれていたので、これからの2人がどうなるのか気になりすぎます。どうにか続編でないかな~と期待。

じれじれと恋をしていく2人の大学生の話。ぜひ読んでみてください!! 

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント変わりにぽちっとしてもらえれば励みになります!