夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

ぼくは道くんのΩになりたい:リトルエヌ (感想)

ぼくは道くんのΩになりたい (Charles Comics)

f:id:Gin2rou:20190427155857p:plain

《あらすじ》

発情期がきて、フェロモンが出たらもっと好きになってくれる?

「大きくなったら僕を番にしてくれる?」

小学生の亮(りょう)には、毎週日曜日に遊んでくれる道(みち)くんという高校生のお友達がいる。
周りのαの人だちとは違い、地味で全然αに見えない道くんだけど亮にとっては特別な存在で…。
年の差もあるしΩかも分からないし道くんはこの気持ちに応えてくれる…?

地味で冴えないα×Ωになりたい一途な年下幼なじみの、約10年に渡るキュンキュンかわいいラブストーリー☆

きゅんかわらぶ 

 アンソロジーに1話が掲載されていた頃から楽しみにしていたこちらの作品!!!

単行本を待ちに待っていました...堪りません...

10年越しの恋とか、小学生がぐいぐい頑張るところとか、それでもちゃんと大人になるまで待つところとかとか。

好きな要素が盛り込まれています。

とくによかったのは、主人公がΩであることをポジティブに捉えていること。Ωの地位が低い作品もあるなかで、とてもほのぼので平和な”日常的”オメガバースBLを読むことが出来たと思います。

 

【ここからネタバレ注意】

攻:道くん・α

受:亮・Ω

 

:健気すぎる

小学生の亮と高校生の道は毎週日曜日にゲームをするほど仲良し。

ほんと、こっからどういう風に一緒になるんだろう...と不思議で楽しみで仕方有りませんでした。

とくに小学生の亮の可愛さは抜群なんですが、まだ小さいがゆえにバース性が確定していないところがポイントになります。

だいたいの作品では、Ωになることがネガティブなこととして表現されてしまいがちですが、彼は別。

αの道と番になりたいがために、Ωになりたいと望んでいます。

健気で可愛くて...道の友達に嫉妬をした自分の感情がよくわからずに、ぽろぽろと涙を流す様子もたまらなく可愛かったです。

 

:外堀が....

亮がΩだったら番になる、という本気かどうかよくわからない約束をした二人。

なんだか道もまんざらではないようなんですが...ちょっと危険な香りがします。

そんな中、亮は道を自宅へ招くことに。なんと亮は、道のことを家族にちくいち報告していたようで、道の知らないところで家族公認のような状態に。

ここで気になったのが亮の家族構成。兄α・姉Ω・亮の構図のようですが、上二人にもそれぞれに番がいます。

とくに姉のカップルは、百合っぷるなんですがその番がとてつもなく美しい...男装しているわけではないのですが、男装の麗人のような感じです。

兄弟カップルの話も読んでみたい....と心底思いました。

 

転:中学生バース診断

中学生にあがった亮は、ついにバース診断を受けます。周りからはαかも、と思われている亮は、自分がΩじゃなかったらどうしよう...と不安で仕方ないようでした。

対する道は大学生に。そしてそこでΩの同級生に迫られてしまいます。αっぽくないαの道はどこか理性的でとても優しい。発情した同級生に対し、言葉で諭します。

このとき告げた言葉がとても優しくて素敵で、無自覚にもてるやつじゃん...となりました。

ついにバース診断が判明するとき。

亮はもちろんΩなんですが、このとき彼の同級生がΩだったときの取り乱しように触れることになります。

そこで初めて、亮はΩという性について考えることになります。ここめちゃくちゃに切なかったです...

 

:道くん?

亮がΩだったことで、あっさり番になるかと思えば一筋縄ではいかず...道がどこか一線をひくような形をとってきます。

亮が突発的に発情期になったときも、道は一歩踏みとどまり、抑制剤を飲ませます。

そのことにショックを受ける亮。そんな彼に対してまたも家族たちがわらわらと慰めの言葉をかけていきます。

いやほんと、どこまでも道のことは筒抜けでちょっと可哀想になってきました。

最後はちゃんと番になります。

年下すぎる亮を番にすることに対して、彼の親のことを考えたりとすぐには手を出すことができないそういう感情も理解できる気がしました。

ずっと日常で、ずっとほのぼの。

彼らの周りは平和で優しくて、ほっこりします。安心して読めたオメガバースでした。

 

+α

描き下ろしは、亮のパパ達が登場する話と、さらに数年後の成長した二人の話。

甘くて甘くて...年下な亮の尻に若干敷かれている道くんで、お似合いだなあと思ってしまいました。

αっぽくない道が最高に良いです。

あとは、亮の兄弟カップルの話がとても気になります~~!!!カバー裏に、百合っぷるの話が少し描かれているのですが、最高でした。ほんとぜひ紙本で読んで欲しいです。

 

最後に

 10年越しの恋の話。日常の恋の話は、とても自然なオメガバースでした。

小さい頃から一緒にいるからか、傍にいることが当たり前の雰囲気を持つ二人はお似合いです。

 優しくて平和なオメガバースが読みたい方は是非、手にとってみてください。

リトルエヌ先生のpixivアカウントには、相関図も投稿されているのでこちらもチェックしてみてください。より楽しめると思います!

 

www.pixiv.net

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえたら励みになります!