夜明けの腐日記

「商業BL感想・雑談」ネタバレ注意!!

88rhapsody:ソライモネ (感想)

88rhapsody (Canna Comics)

《あらすじ》

お前との毎日が、最高のラブソング。

ライブ後の打ち上げに入った居酒屋で盛り上がるキーボードのミヤ。
トイレに席を立つと、トイレの個室から自分たちの曲が聞こえてくる…。
振り返るとそこには、便座を鍵盤に見立てて弾いている奴がいて……!?

大型ワンコ系音大生×世話焼きバンドマン、
夢と恋にゆれるバンド男子たちの今、そして――。

 夢と恋と幸せ

 前回読んだ「泡沫の鱗:ソライモネ (感想) - 夜明けの腐日記」がとてもよかったので、今回も読んでみました。

どうやら個人的な波長にとても合うようで...今回もじんわりと心に沁みるお話でした。

『27star』『88rhapsody』の2編が収録されていまして、表題作が一番長いです。27のほうは88へ向かう前哨戦のような感じ。出てくるCPはそれぞれ違います。

音楽と夢と恋。結構甘酸っぱくて、きゅんきゅんできます。

あと、ソライモネ先生がツイッターで過去作の登場人物がどこかにいるとおっしゃっていたので、探しているのですが...私では見つけられない...根気が足りません。読みながら探してみるのもひとつの楽しみ方だと思います!

 

【ここからネタバレ注意】

 

『27star』

攻め:あんじ・不思議ちゃん

受け:夜高・顔に傷があることがコンプレックス

ーーーーーーー

2人の出会った高校生~28歳までのことが1話のなかにぎゅっとつまっています。

あんじは高校生のときからバンドに参加していて、ギターを担当。ものすごくおおらかといいますか...懐が深い感じです。

夜高はコンプレックスもあり、少し卑屈な青年です。彼はあんじに出会ったことにより、まるっきり人生が変わっています。傷を見せることもいとわないように。

ーーーーーーー

2人の出会いは保健室。不思議なあんじワールドに飲み込まれない夜高との対比がちょっとおもしろいです。

高校生と大人の時期で2つに分割するなら、とても大きな変化をしているのは夜高。あんじと出会っていろいろなことを経験して。見た目も性格も変化していきます。

そして驚いたのは28歳のシーンになってから。見た目のギャップはもちろん、彼もライブに参加している様子にかなり驚きました。

ーーーーーーー

ずっと傍にいた友達のような存在から、徐々に想いを募らせていきます。この過程が甘酸っぱくて、もだもだしちゃいます。

環境も変わり、見た目も性格も変化した2人だけれど、変わらないのは2人でいること。

互いの距離感がとても愛おしいカップルでした。

 

 『88rhapsody』

攻め:律樹・音大生

受け:ミヤ・調律師兼キーボード担当

 

朝チュン

起きたら知らない人が隣で寝ていた...なんてことを経験したミヤ。その相手が律樹でした。(ヤってはいない)

なんでこんなことに...と回想も、原因はもちろんお酒の飲みすぎ。その日行われたライブが総合的によかったことから気分が上がりお酒が進み、飲み屋で出会った律樹とさらにヒートアップ。律樹はそのライブを見に来ていて、ミヤのファンだとか。それで盛り上がって、酔っ払いつつも部屋へ来たんですね。

律樹のワンコ感がなんともかわいいですね。人懐っこくてちょっとヘタレ気味。そんなところをミヤも”かわいい”と表しています。

 

:ピアノ

2人の共通点はピアノ。ミヤは調律師ですし、律樹は音大の生徒です。それぞれにピアノに対して思うことがあるようでした。

酔った日の翌日、律樹のピアノに触れるとあまりの音のひどさに、調律を申し出たミヤ。ピアノを通して少しずつ距離が縮まっていきます。 

律樹は、へたれワンコなんですが見た目はさわやかイケメン。なので、ミヤはどきどきしっぱなしです。おまけに酔った日にディープなキスをかましているので、余計に意識しちゃうよう。(ミヤは男もいける)

関わるたびに新たな一面をみせる律樹にどきどきを振り回されるミヤでした。

 

:怪我

ピアノに対しての想いでとくに複雑だったのは律樹のほう。とてもうまく音を奏でるのに、自己評価が低すぎて全く自信が持てていません。

それについて聞いたミヤは、考えるあまり階段を踏み外し骨折していまいます。

これに対し、完治するまで”なんでも”すると発言した律樹。迫っていたミヤのバンドでキーボードの代打に立つことに決まります。

”なんでも”にはミヤのお世話も入っておりまして、お風呂や食事など甲斐甲斐しく面倒をみる律樹。この看病イベントが最高に甘くてきゅんとしました。もだえる~

ここら辺までくると明らかに両片想いな描写が増えてくるので、顔のにやにやが止まりません。ずっとにやけちゃう。

甘い日々を過ごしていたら、日付はいつの間にかライブ当日。ところが、律樹が逃げ出してしまいます。 

 

:ライブ

逃げ出した原因は、律樹が抱えているピアノを演奏することに対しての思い。小さなコミュニティでトップだった人間が、レベルが上の人たちが集まる環境に行くと急にその他大勢になるそれです。

弾くことは精神的なポテンシャルがとても重要だと思うので、彼はそれが大きな壁になっているよう。

逃げ出した律樹に寄り添い、言葉を投げかけるミヤ。けっこうズバっと、ざくっとした慰めですが、その方が逆に心が軽くなるような気がします。

もちろんライブは大成功。

その後、告白して付き合うようになった2人!!告白シーンも彼ららしいライブの喧騒の中。波長が合うのだろうな~と思います。とてもお似合いな2人でした。

 

+α

描きおろしはその後の2人。

バンドメンバーとの集まりの中、いちゃいちゃしている2人が見られます。そしてその中にはあんじと夜高の姿も。こちらの2人も、律樹×ミヤの物語の中に登場してきます。

こういう小さなコミュニティーの中で、どこか繋がっているCPが大好きなので、とても楽しめました。

各話の間に、登場人物のプロフィールが描かれていまして、それだけでも楽しめると思います。

 

最後に

2CPとも音楽を通して距離を縮めていき、恋へと発展していきます。

読んでいる途中はきゅんきゅんが止まりませんし、優しくて読後はほっこりと幸せな気分になります。 

登場人物が、全員生きてる~って感じに、のびのびと動いているのでとても気持ちが良いのです。

表紙のかっこよさとは違ったギャップが楽しめると思うので、ぜひ読んでみてください。

 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
↑コメント代わりにぽちっとしてもらえたら励みになります!